3D地形を表示する

地図ロイドのバージョン14.0からは,立体的な地形を表示できるようになりました. (3D地形機能)
MENU-「3D地形」で,現在表示している場所の地形を表示できます.
※3D地形表示機能には,Android 4.0以上の機種が必要です.
  • 今表示しているブックマークのポイント,トラックログが,立体地形の上に表示されます
  • 立体地形は,地理院標準地図を下図として,その上に色別標高図を乗せた図面で表示されます. 色別標高図の濃度は,設定で変更できます.※Webマップタイルカスタム地図を設定すれば,他の地図も表示できます
  • 操作はGoogle Earthに似ており,2本指回転で地図の回転,2本指の上下スライドで視点高さの上下です.
  • バージョン14.10からは,画面をダブルタップすると1本指で地図の回転と視点の上下スライドができるようになりました.片手持ちのときに便利だと思います
  • 左下のズームボタンを押すと,地図のズームレベルを切り替えることができます.12~16の範囲に対応しています
  • 一度表示した地形は端末にデータがキャッシュ保存されるため,電波圏外でも表示できます
※バージョン14.10から
画面に出ている赤い矢印は,北方向を指しています.その矢印位置の座標と標高が, 右上に表示されます.「▲2559m」は標高2559mという意味です.
表示する座標の種類(緯度経度,UTM,MGRS等)は,2次元の地図と同じ設定が使われます(MENU-表示設定).

一度表示した地形のデータは,既に設定されている地形図キャッシュの保存先フォルダ(cache/)の配下に, 保存されます.
下図の標準地図と,上乗せしている色別標高図は,地形図のモードで表示するキャッシュと共用しており,同じ場所に保存されます.地形図を表示して保存された図は3D地形でも使えますし,逆もしかりです.

標高タイルは,上記「cache/」フォルダの配下に「3D」というフォルダを作ってその下に保存されます.

地名の表示

バージョン15.12からは,地名の表示に対応しました.

設定をオンにすれば,地名が表示されます.地名があると,表示している場所が分かりやすくなると思います.

3Dの表示中に,右下のレイヤーボタンを押して,地図の種類を選ぶ画面で右下の「地名」をオンにしてください.


すると,地名が表示されるようになります.

地名は, 国土地理院ベクトルタイル提供実験(地名情報)の,自然地名データを使わせていただいています.
実験提供されているものですので,安定して継続するとは限らない実験的な機能ですので,ご了承ください.
ダウンロードした地名データは, 既に設定されている地形図キャッシュの保存先フォルダ(cache/)の配下の 「WPNI1」というフォルダに保存されています.
次回以降は,ダウンロードせずにそこの内容を使いますので,電波圏外でも表示できます.

設定の変更

3D地形の表示中に,メニューボタン-設定 で,表示に関する設定を変更できます.

または,通常の地図画面から,MENU-設定-3D地形 でも同じことができます.

Webマップタイルの利用

バージョン14.3からは,地形図以外の3D表示にも対応しました.
地図ロイドには,Webマップタイル機能として, インターネットで公開されている(またはローカルの)地図タイルを表示できますが, これを3Dでも使用できます.

3D画面で右下のレイヤーボタン

を押すと,設定されているWebマップタイルの名前が出ますので,そこから選べば表示できます.
タイルの設定方法は, Webマップタイル機能の説明を見てください.

[使用例 (シームレス空中写真)]


カスタム地図の利用

地図ロイドではカスタム地図機能として, カシミール3Dのマップカッターで切り出した地図を取り込んで,それを表示することができますが, これを3Dでも使用できます.
(バージョン14.7から)
カスタム地図の取り込み方法については,カシミール3Dで作成した地図を使う(カスタム地図) を見てください.

3D画面で右下のレイヤーボタンを押すと,取り込まれているカスタム地図のマップ名も出ますので, それを押せば切り替わります.

【離れた位置】と出ているマップを選ぶと,そのマップ範囲の中心位置まで移動します.

なお3D地図の画面には,ここで選んだマップ以外でも表示範囲に入っているマップが自動的に表示されます.(右上に出ているのが,現在3D処理中の全マップ名です)

もし表示するマップを絞りたい場合は,カスタム地図のマップ名に拡張子をつけてグループ化すれば, 選んだマップと同じグループの地図だけ表示されるようになります.
詳しくは,カスタム地図説明ページの 「(B) 複数のマップを使いこなす」 「3. マップのグループ化で自動切り替えを使いこなす」を見てください.

※QuaTab01で,設定によっては3Dのカスタム地図の表示が欠けるという現象があります.
その場合,MENU-設定-詳細設定の「地図タイルを減色して表示」がオンになっていることを確認してください. 初期状態ではオンですが,これをオフにすると,機種によってはそうなるようです.

山旅ロガーGOLD併用による現在地の追尾

地図ロイドのバージョン14.8からは,山旅ロガーGOLD併用による現在地の追尾に対応しました.
山旅ロガーGOLDでの測定中に山旅ロガーGOLDから地図ロイドを起動すると, 地図ロイド上で現在地の追尾が行われますが,この状態で3D機能を起動すると, 3D表示上での現在地追尾を行います.
[使用例]

電子コンパスによる進行方向の矢印が出るのは,2次元の地図と同じです.
また,ヘディングアップボタン

を押すと,進行方向が上になるように地図が回転します.

VR(仮想現実)機能

地図ロイドのバージョン14.4からは,3Dゴーグル(Google Cardboard)を使ったVR(仮想現実)に対応しました.
3D地形の仮想空間を,自由に飛行できます.
※Android 4.4以上の機種のみ対応.ただしZenfone端末などCardboard公式アプリが非対応(ジャイロセンサー非搭載)の機種は使用できません.
※サイドバイサイド方式は左右の視差を利用して映像を立体視しますが,立体的に見えるかどうかには個人差があります.
7歳以下のお子様のご利用は控えてください.また,それ以上の年齢でも, 斜視がある,斜視誘発の可能性がある場合は使用しないでください.
※バージョン15.16から,3Dゴーグル無しでも使えるようになりました.
立体感はありませんが,端末を回して移動方向を決めて,空中を飛行できます.
3D地形の表示中に,右下のVRボタンを押すと,VR機能が開始します.


▼ 3Dゴーグル無しの場合 (バージョン15.16以上)


▼ 3Dゴーグル(Cardboard)を使う場合


説明の順序が逆になりますが, 事前にCardboard公式アプリをダウンロード,起動して,使用するCardboardゴーグルの光学設定を済ませておいてください.
Cardboardゴーグルに付属のQRコードを,Cardboard公式アプリで読み込んでください.

これをやっておかないと,正しい立体視ができません.

ジャイロセンサー非搭載など,Cardboardが対応していない端末がありますので, Google PlayでCardboardアプリをダウンロードできるかどうかを,Cardboardを購入する前に確認することをお勧めします.
せっかく購入したCardboardが,そのスマホで使えず無駄に終わるのは残念ですので. (といっても1500円程度ではありますが)

[VR機能の使い方]

  • 首を上下左右に回して,3D地形の仮想空間を360度見渡せます
  • 画面タッチまたはタッチボタンを押すと,視線方向への空中移動を開始,停止します

利用させていただいているデータ

国土地理院標準地図,国土地理院色別標高図,国土地理院標高タイル